読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山川草木

日々を愛する 音楽と言葉 from northern land 

金魚

居心地の悪い水の中では、金魚はすぐに死んでしまう。

きれいな水を与えても、すぐには元気を取り戻せない。

祭りで買った1匹を、金魚鉢にいれて飼い始めたものの、うまくはいかなかった。

 

ため息をつき、互いをけん制し、どこまでも求め合い、期待し合う。

こんな生き方、どれだけの間続いてゆくのだろう。

生きることは確かに厳しい。

ただ、生きることはきっともっと楽しい。

喜び多きものだと、信じたい。

 

あの金魚が、自分たちのように思えてならない。

きれいな水に、飛び込みたい。

そんな水。

いや金魚たちと、僕らは違う。

小さな鉢の外に出て、旅ができる。

鉢の外に出ずとも、旅に思いをはせることができる。

そこにはきっと、心地よい水があるはずだ。

そう信じることで、生き続ける。

 

誰に宛てるでもなく、連ねる思い。

書き捨てているわけではない。

きっと、もう一人の自分に向けて書いているのだ。

共感など求めているわけではない。

ただ、心の内にある澱を、はき出してしまいたくて。

金魚鉢の中にはき出せば、水はにごる。

 

大きな天空に向かって噴き出す、水の切なさよ。