山川草木

日々を愛する 音楽と言葉 from northern land 

北の言葉帖:10 名もない雑草にも陽は当たる

f:id:taroyama10:20170824090911j:plain

170805 SappporoTeine

 

名もない雑草にも陽は当たる。

彼は問いかけに語ろうとしなかった。心の中にある、大切な言葉を。

同じ志を持ち、道を外れた先輩から受け継いだ魂。

ある記事のインタビューで応えている。

「自分に合っているなと思って、この言葉が好きになった」

その気持ち、よく分かる。

伸びた雑草が一斉に花開くとき、誰もが驚く彩りとなる。

言葉帖:3 必要なのは走り続けることじゃない 走り始め続けることだ

何度でも立ち止まって
また何度でも走り始めればいい
必要なのは走り続けることじゃない
走り始め続けることだ

youtu.be竹原ピストル「オールドルーキー」

春の嵐の一騎討ち
滋賀県 cafe alivio 2014.03.09より

 

この人もある意味では、北国生まれの「うたいびと」である。

今年で30周年を迎えた札幌のフォーク小屋LOGで育ち、

野狐禅として全国へ羽ばたいていった。

歩みは紆余曲折をたどり、彼は今、強烈な輝きを放っている。

メジャーになろうとも、小さなライブ小屋を回り、かつての音楽仲間を大切にし続ける。

その心根のぬくもりは、歌詞ににじみ、弱きものと同じ目線で語り掛けてくるのだ。

生きる、ということは決して簡単なことじゃない。

だからこそ支えが必要なんだ。存在として、言葉として。

これからも輝き続けろ。竹原ピストル

世の中に、優しさという銃弾を撃ち込めばいい。

 

 

 

 

北の言葉:9 ビジョンだけが心の支えだった


f:id:taroyama10:20170512101625j:image
ビジョンだけが、心の支えだった。

ー札幌発の健康体操を全国に広めるトレーナー

 

腰を痛めてスポーツ選手を断念したことが、

健康な体づくりへの仕事を志す原点だった。

しかし、夢は途方もなく大きかった。

世界共通の体操をつくりだすー

辛酸をなめ、どさ回りに汗を流し、それでも諦めなかった。

体操開発から10年。体操は全国に知られるようになった。

夢への歩みは道半ば。もがくように進む彼がいる。

北の言葉:8 美しいものは美しいのです


f:id:taroyama10:20170512095411j:image

時間をへても、国が違えども、美しいものは美しいのです

ー亡きジャズマンの妻

 

四十年も前の音色やメロディーが今再び、世界中で再評価されようとしている。

ジャズマンは作品の飛躍を知らず、あの世へと旅立った。

妻は信じていた。愛する者が奏でた旋律の美しさを。

異界から見つめているだろう彼の、胸の内はいかばかりか。

 

 

北街点描:2 春蒼桜

f:id:taroyama10:20170428201106j:image


青空がそこにあるだけで幸せなのに、

桜も満開なんて、心がウキウキする。


はや五月。

ようやく北国にも春が来た。

どの町にも、どの国にも平等に、春は来る。

地球はフェアであり、でっかいなあ。

北街点描:1 市鉄沿線

f:id:taroyama10:20170427124240j:image

市鉄沿線

路面電車のことを市鉄と呼んでいる。

市電、が私の耳慣れた呼称。

なにか理由でもあるのだろうか。

それにしても不思議な店名だ。

鉄道ファンの店だろうか。

北の言葉:7 この舞台にできるだけ長く立っていたいんです

「このお笑いの舞台に、できるだけ長く立っていたいんです」

-芸歴8年を数える齢34の芸人

f:id:taroyama10:20170426195007j:plain

170425@sapporo 花開いた「きたこぶし」

 

木戸賃はわずか100円。

お世辞にも「売れている」とは言えないのに、その目は穏やかだった。

それでいて、決して何かをあきらめているようには見えない。

目の前の人々を笑わせる、そのことに人生をかけてゆく。

華やかなステージなどなくたって、道をあきらめることなく、

人は希望を持って生きてゆけるのだと思えた。

 

そういう、いわばありふれた「生」を記録していきたい。

凡なる人々が己を投影できるような。

他者を見つめて、よく似た己がそこに見えた時、

「ひとりじゃない」と思えるのかもしれない。

 

僕は、彼に同じにおいを感じた。