山川草木

日々を愛する 音楽と言葉 from northern land 

スクラップ171201

こえ・原発自主避難で被告に、瀬尾一三インタ、北朝鮮原油パイプライン、里親政策の限界、人語・尊大閣下様、折々・周りがさせたいと思うことが正しい
f:id:taroyama10:20171201081026j:image
f:id:taroyama10:20171201080949j:image
f:id:taroyama10:20171201080953j:image
f:id:taroyama10:20171201080955j:image
f:id:taroyama10:20171201081011j:image
f:id:taroyama10:20171201081010j:image







スクラップ171130

アイルランドGDPアップル押し上げ、ソニー復活α、アリペイ、人語・日馬引退、ひと・平出和也、論壇・保守リベラル
f:id:taroyama10:20171130090534j:plainf:id:taroyama10:20171130090515j:plainf:id:taroyama10:20171130090231j:plainf:id:taroyama10:20171130090312j:plainf:id:taroyama10:20171130090442j:plainf:id:taroyama10:20171130090457j:plain

171129スクラップ

折々・服従から諦めへと進む誘惑、わかる・企業内留保、人語・YS182、ソニー復活、NHK民放化、東レ不正納期が圧力、児相送致グラ、メルカリ社長インタ、ペリー北朝鮮インタ、谷川・大岡連詩
f:id:taroyama10:20171129081938j:image
f:id:taroyama10:20171129081919j:image
f:id:taroyama10:20171129081928j:image
f:id:taroyama10:20171129081905j:image
f:id:taroyama10:20171129081909j:image
f:id:taroyama10:20171129081913j:image
f:id:taroyama10:20171129081853j:image
f:id:taroyama10:20171129081856j:image
f:id:taroyama10:20171129081859j:image
f:id:taroyama10:20171129081902j:image



スクラップ171128

有島大賞、少年審判、赤ちゃん議会、エボラ研究者、子供伸ばす台所、森達也、オピ・大久保真紀インタ、カイケンくん、ぱんだ、ひと・lgbt、天声・産みやすい社会、折々・ホテルカリフォルニア化
f:id:taroyama10:20171128085139j:image
f:id:taroyama10:20171128085148j:image
f:id:taroyama10:20171128085156j:image
f:id:taroyama10:20171128085204j:image
f:id:taroyama10:20171128085212j:image
f:id:taroyama10:20171128085222j:image
f:id:taroyama10:20171128085232j:image
f:id:taroyama10:20171128085243j:image
f:id:taroyama10:20171128085305j:image
f:id:taroyama10:20171128085337j:image
f:id:taroyama10:20171128085351j:image
f:id:taroyama10:20171128085404j:image
f:id:taroyama10:20171128085415j:image













スクラップ111127

交通事故10歳供述、高橋純子断簡、町民全員会議、インドのトイレ、JR北社説、声、中小企業解禁破り
f:id:taroyama10:20171128084424j:image

f:id:taroyama10:20171128084415j:image

f:id:taroyama10:20171128084406j:image

f:id:taroyama10:20171128084342j:image


f:id:taroyama10:20171128084331j:image


f:id:taroyama10:20171128084322j:image

f:id:taroyama10:20171128084313j:image

スクラップ171126

タイのコールセンター、パラダイス文書、破綻20年、国道58号、月探査基地、ナボコフ無頼派系候補
f:id:taroyama10:20171126092141j:image
f:id:taroyama10:20171126092145j:image
f:id:taroyama10:20171126092150j:image
f:id:taroyama10:20171126092154j:image
f:id:taroyama10:20171126092204j:image
f:id:taroyama10:20171126092132j:image
f:id:taroyama10:20171126092137j:image

キーワード:1 給与所得控除


給与所得控除をわかりやすく解説

以下、引用

1 所得控除

給与所得控除は所得税計算に必要となります。そもそも所得税の計算の流れはどのようなものでしょうか。

A. 収入 – 必要経費 = 所得
B. 所得 – 所得控除 = 課税所得
C. 課税所得 × 所得税率 = 所得税
D. 所得税 – 税額控除 = 所得税納付額

給与所得控除はBの「所得控除」の一部のように見えますが、実際にはAの「必要経費」の中に含まれるものです。所得控除とは、社会保険料や生命保険、扶養控除、医療費控除など、確定申告をする方であれば誰でも受けることができる控除を指します。給与所得控除は給与収入がある方のみ受けられるものです。

Dの「税額控除」は、寄付金控除などの税金から直接控除できるものを指します。

給与所得控除とは、給与収入の額に対して一定の金額を差し引く仕組みです。簡単に言うと、サラリーマンの必要経費を自動計算する項目が給与所得控除になります。

2)給与所得控除の意義
給与所得控除の意義のうち、大きな2つの項目について解説します。

・「勤務にかかる経費」としての給与所得控除
まず1つ目は「勤務にかかる経費」です。事業所得と給与所得を比べて見てみましょう。事業所得の場合、収入からかかった経費を差し引いた金額に税金がかかります。備品や打合せ代など、仕事に関連する支出であれば経費にすることができます。

一方、給与所得はどうでしょうか。経費は会社から支給されるものもありますが、スーツや制服などは業務に必要であるにもかかわらず、会社から経費として支給されないものがあります。

給与所得の経費を事業所得と同じように考えると、給与所得者の個々の経費を税務署がチェックしなければならなくなります。しかし、業種や職種は各々で異なるため、どこまでを経費として認めるか、決めるのは困難です。

また、税務署ではなく、年末調整を行う事業者がチェックする負担を被る可能性も考えられるでしょう。それらを踏まえると、一律に経費を決めてしまって、社会全体のコストが削減するのが妥当であると考えられます。

給与所得控除や年末調整は効率的で優れたものですが、給与所得者が所得税を理解・意識する機会が少なくなり、納税意識が薄れるという問題があるという指摘もあります。

・他の所得との負担調整としての給与所得控除
また2つ目の要素として「他の所得との負担調整」があります。もともと給与所得は不安定で、事業所得等と比べて税金を負担する能力が低いと考えられてきました。そのため、給与所得者の所得税を抑えるために給与所得控除を設けているのです。しかし、給与所得者数の増加や働き方の多様化が進む現代においては、こちらの理由は希薄化しています