読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山川草木

日々を愛する 音楽と言葉 from northern land 

北の言葉

北の言葉:9 ビジョンだけが心の支えだった

ビジョンだけが、心の支えだった。 ー札幌発の健康体操を全国に広めるトレーナー 腰を痛めてスポーツ選手を断念したことが、 健康な体づくりへの仕事を志す原点だった。 しかし、夢は途方もなく大きかった。 世界共通の体操をつくりだすー 辛酸をなめ、どさ…

北の言葉:8 美しいものは美しいのです

時間をへても、国が違えども、美しいものは美しいのです ー亡きジャズマンの妻 四十年も前の音色やメロディーが今再び、世界中で再評価されようとしている。 ジャズマンは作品の飛躍を知らず、あの世へと旅立った。 妻は信じていた。愛する者が奏でた旋律の…

北の言葉:7 この舞台にできるだけ長く立っていたいんです

「このお笑いの舞台に、できるだけ長く立っていたいんです」 -芸歴8年を数える齢34の芸人 170425@sapporo 花開いた「きたこぶし」 木戸賃はわずか100円。 お世辞にも「売れている」とは言えないのに、その目は穏やかだった。 それでいて、決して何か…

北の言葉:6 本気で頑張る奴から出たものは、歌であっても、歌でなくても、それはあなた自身へのラブソングなんだ

「何かを真剣に本気にやってる奴は絶対にバカにできなくて そいつから飛び出たものは歌であっても、歌でなくても それはあなた自身への、自分自身へのラブソングなんだって歌です 全速力っちゅうナンバー」 ーあるライブに立つ武田英佑一 the武田組 全速力P…

北の言葉:5 作品に向き合うと気持ちが落ち着く

「作品に向き合うと、みなさんの気持ちが落ち着くんです」 ー障害者のアート活動を支える男性 藻岩山 一本の伸びやかな線を描くだけで、気持ちが落ち着くという。 なぜだろう。 それは、己をありのままに表現することが心地よく、 幸せな行為だからなのでは…

北の言葉:4 食事が人を変えて行く

「食を通じた関わり合いの中で、人は前向きに変わってゆける」 ー保育所で働く新人栄養士 まるでエサのように並ぶ無機質なコンビニ弁当。 それが当たり前になってしまった世界。 しかし顔と顔が見える関係性こそが、食の本質なのだと彼女は言った。 ひとり親…

北の言葉:3 若者が安全に遊べる場所を作りたかった

「若者が安全に遊べる場所を作りたかった」 ーすすきののクラブオーナー 風営法違反による摘発で全国の有名クラブが相次ぎ姿を消した。 音楽を楽しむ場が犯罪の温床となってはならないのは、言うまでもないことだ。 札幌では、セキュリティを強化することで…

北の言葉:2 笑顔は一番の脳トレだよね 

「笑顔になることが1番の脳トレだよね」 ー介護予防センターのある職員 いくら難しい顔をして考えても、脳みそは活性化しない。 なにもお年寄りに限る話ではない。 アイデアが浮かばないときは、笑えばいいのだ。 きっと楽しいアイデアが浮かぶに違いない。

北の言葉:1  すごく必死に考えて、やっと一つ二つひねり出す感じ

「プランを出すのは毎回大変です。私、何個もアイデアが浮かぶタイプじゃなくて、すごく必死に考えて、やっと一つ二つひねり出す感じなんです」 -高村由紀子(act 25, 発行:札幌市教育文化会館) どんなに力のある舞台美術家でも、アイデアが山のように思…